【無料メルマガ】SNSで顔出ししなくても月10万稼げる占い師になる方法 登録はこちら

佐々木希さんは離婚しない?渡部建さんとの相性を四柱推命鑑定

芸能人相性

世間を騒がせている、渡部建さんの不倫報道。

妻の佐々木希さんは、離婚を否定しているそうですが・・・

その理由は?

二人の今後を四柱推命で見ていきます。

 

 

スポンサーリンク

佐々木希さんの本質

佐々木希さんは、1988年2月8日生まれ。

誕生日から、導き出した命式がこちらです。

持って生まれた、本質がこちら。

60タイプある星の中で、佐々木希さんは「癸巳」の人となります。

癸巳の人は、社交的で頭の回転が早いです。

霊感や直感力に優れ、キラリと光るセンスがあります。

変幻自在に、自分を変えることができるタイプです。

交友関係にも恵まれやすいでしょう。

 

命式内の五行のバランスを見てみると・・・

木・・・2
火・・・1
土・・・2
金・・・0
水・・・1

本質の「」は、水の陰の星。

純粋で、繊細です。

想像力が豊かで空想的な面と、用意周到に計画を練る慎重さがあります。

悩みやすく、悲観的になりがち。

情にもろく、周りに流されやすい人でしょう。

 

本質の水が生み出す、木の星があるので一から何かを作り上げたり、センスを活かして作品を作っていくなど、生み出すのが得意です。

アパレルブランドを立ち上げていますが、まさに持って生まれた星が活かされていますね。

土の星があることで、水の奔放さが抑えられます。

真面目さが際立ち、きっちり枠にはまった行動をとるよう心がけるでしょう。

枠からはみ出ることを、恐れる傾向があります。

また、火の星は水が剋する関係です。

水が火を消すことで、火事を防げるように、人のために尽くしたり仲間思いになります。

金の星を持っていないので、サポートしてくれる人に恵まれない。

なかなか理解されにくいことも。

確実な道を選び、あまり冒険はしません。

 

スポンサーリンク

佐々木希さんの性格

性格は、通変星にある星で見ていきます。

佐々木希さんの性格の土台となる月支元命は、「正官」です。

この正官は、春の雨から生まれています。

春の雨は静かで穏やか。

そこからわかるように、この正官は冷静で淡々とやるべきことをこなす働きがあります。

無茶なことはしない。

ルールに従う、責任感がある星が正官です。

無駄を嫌い、計画的にいきたいと思っています。

真面目で、枠からはみ出ることや、輪を乱すような行いを嫌います。

集団やグループの中で、力を発揮するタイプです。

 

命式内には正官の星が二つあるので、「偏官」の要素も出てきます。

せっかちな面もあり、向上心や行動力があるでしょう。

表には出さなくとも、プライドや野心も持っています。

 

そして、正官を生み出す「正財」があるので、より真面目さが増します。

神経質で、完璧主義なところも出てくるでしょう。

責任感が強く、仲間思いです。

現実主義で、身の丈にあったことしかしたくないという人です。

堅実で控えめ、慎重派なので下調べをきっちりしてから動きます。

言葉や感情をとどめるので、おとなしく温厚に見られやすいです

 

「食神」と「傷官」の星は、月支元命の正官を剋する関係にあります。

食神は、遊びや自由を好む子供のような星。

傷官は、美的センスがあり、感受性豊かな星です。

両方とも、感性感覚の星なので、正官の生真面目さの中に、気まぐれさが隠れていることになります。

根は真面目だけれど、急に欲求のままに動き出す。

楽しそうだと思ったら、ついつい手を出したくなる。

無邪気さや、本能に従って生きる面を持っています。

控えめに見える佐々木希さんですが、結婚相手にお笑い芸人さんを選んだ理由もなんとなくわかりますね。

 

スポンサーリンク

渡部建さんの本質

渡部建さんは、1972年9月23日生まれ。

誕生日から、導き出した命式がこちらです。

持って生まれた、本質がこちら。

60タイプある星の中で、渡部建さんは「丁巳」の人となります。

丁巳の人は、見た目がソフトで人当たりが良いです。

人間関係もそつなくこなすでしょう。

図太いようで、神経質。

完璧主義で、自分の世界を作り上げていくタイプです。

 

命式内の五行のバランスを見てみると・・・

木・・・0
火・・・2
土・・・1
金・・・1
水・・・2

本質の「」は、火の陰の星。

穏やかで世話好きです。

愛情深く、見かけによらず情熱的。

身内には優しいですが、敵だと思ったらとことん嫌うという面もあります。

本音を隠し、不平不満をためやすいでしょう。

 

火が生み出す土を持つので、感受性が豊かで美しいものが好きです。

自分の感覚を活かして、仕事にしていくことができるでしょう。

金の星は、火が溶かす関係。

根回し上手で、交渉がうまい人となります。

世話好きで、面倒見が良くなりますが八方美人な傾向もあります。

水の星は、火を剋します。

火が水に消されるように、冷静で計算して動くようになります。

責任感が強く、働き者となるでしょう。

ステータス重視、権力のある人に従い上下関係を気にします。

日干支が両方とも火の星なので、情熱的でガッツを持った人となります。

隠れ短気だったり、感情的になりやすい傾向も。

 

スポンサーリンク

渡部建さんの性格

性格は、通変星にある星で見ていきます。

渡部さんの性格の土台となる月支元命は、「偏財」です。

この偏財は、秋の月から生まれています。

秋の月といえば、十五夜。

秋の夜空に輝く満月は美しく、十五夜はその月にお供え物をしながら、月を鑑賞する文化です。

そこからわかるように、渡部さんの持つ偏財は、人を楽しませエンターテイメントとしての働きが強いことがわかります。

お笑い芸人という仕事は、この偏財がしっかりと活かされています。

偏財の星を持つ人は、お人好しで世話好きです。

人とコミュニケーションをとることが好きで、自然と人が集まってくる求心力の持ち主でもあります。

常に誰かの愛情を感じていたい、恋愛体質とも言えます。

遊び好きで、お酒が好きだったり派手な場所を好みます。

八方美人で、ガードが緩い面もあるでしょう。


その偏財に力を与える「食神」を持っています。

食神は富を意味する星なので、偏財と重なることで実り多い人生になることがわかります。

財運も人脈も持ち合わせ、強運となります。

趣味の食べ歩きが仕事につながって、芸能界のグルメ王とうポジションを確立したわけですが、食神は食べること、喋ることが大好きな星。

食神の星が、仕事を意味する月柱にあるので、存分に仕事に活かせています。

 

でも、不自由を感じることが少ない分、人の痛みに鈍感という部分が出てきます。

悪気はないけれど、無神経な発言をしてしまうこともありそう。

自分の思い通りに動かそうと、欲張るとうまく回らなくなります。

 

そして、偏財が生み出す「偏官」や「正官」があるので、才能や人脈を仕事にも活かしていくことができます。

野心が旺盛になり、支配力も強くなるでしょう。

自分が一番になりたいという、競争意識も強くなります。

大きく成功できる人ではありますが、権力を手にすると征服欲も強まります。

 

また、月支元命の偏財を剋する「劫財」があります。

劫財は外柔内剛の星。

偏財のコミュニケーション上手な部分に、計算高さや傲慢さが加わります。

人をうまく利用したい、楽さを優先したいなど、ずるさが出るでしょう。

どんぶり勘定になったり、堅実さに欠ける面も。

自分の快楽を優先し、色恋沙汰が多くなる傾向があります。

 

スポンサーリンク

佐々木希さんと渡部建さんの相性を四柱推命

日干から見るふたりの相性

佐々木希さんと、渡部建さんの持っている星同士で、相性を見ていきます。

佐々木希さんの本質である日干は、癸。
渡部建さんの日干は、丁です。

五行の関係で見ると、癸が水で丁が火なので、水が火を消す関係になります。

渡部さんは、佐々木さんの言いなりになるような相性です。

 

佐々木さんの方が、優位に立ち、主導権を握ります。

二人の結婚が発表されてから、佐々木さんが「とにかく優しくて、一緒にいたら穏やかになれる相手」と話していたようですが、五行の関係の通りですね。

渡部さんが一生懸命尽くし、なんでもやってくれるという図が出来上がります。

 

また、二人の日支は「巳」で同じ星です。

同じ日支の相手とは、意気投合しやすく、恋人に向く相性となります。

 

ただ、火と水ですから穏やかな夫婦関係を保つのは難しいでしょう。

最初は良くても、時間が経つにつれ真逆のエネルギーがぶつかり合い、お互い消耗していくことになります。

とくに渡部さんは、佐々木さんになんとなく押さえ込まれ、自分らしさを出せません。

プレッシャーを感じたり、相手の機嫌をとるために、無理をしてしまいます。

自分がしたいことよりも、相手を優先してしまうのです。

渡部さんが、不倫を繰り返すようになったのも、「丁」のもともと溜め込みやすい性格と、佐々木さんの前では必死に取り繕って、我慢をしてきた反動でしょう。

丁の人は、火が本質なだけあって、ある日突然大爆発を起こすことがあります。

周りが手をつけられないくらい暴れたり、人が変わったように暴走する部分があるのです。

 

安定はしない二人ですが、衝突を繰り返しながらも、離れてもくっつくという特徴もあります。

縁が深い組み合わせなことは、間違いありません。

 

渡部さんは不満があっても、佐々木さんに依存的になってしまい、離れられません。

だから影で、不倫を繰り返すというようなことになってしまったのでしょう。

佐々木さんの方も、自分の思い通りになって居心地が良い相手なので、自分から離れる気になれません。

佐々木さんが、離婚されない理由もそこにありそうですね。

 

スポンサーリンク

2020年は佐々木希さんにとって試練の年?

佐々木希さんは、今年32歳ですが、お誕生日から30年の運気である接木運が切り替わりました。

接木運とは、人生の流れを30年ごとに区切った、運勢のこと。

30年に一度の区切りなので、当然運気の波も激しくなります。

人生を脅かされるようなことが起きたり、変化が多くなります。

そして、渡部さんの不倫報道が出た6月は、佐々木希さんにとって天中殺の月。

さらに、三合火局が成り立つ三合従うの月でもあります。

三合従うの時というのは、自分が動かなくても、外からの働きかけによって、人生が変化していくタイミングです。

自分のこうしたい!という意思とは関係なく、流されていくような期間でもあります。

有無を言わさず、良い方向にも悪い方向にも流されていくような、波が来るような時なのです。

重なるときは重なるもので、運気が不安定になる月に騒ぎが起こったことになります。

 

スポンサーリンク

渡部建さんは大運天中殺があけたばかり

渡部建さんは、25歳から45歳までの20年間が大運天中殺の期間でした。

今年48歳になるので、長く続いた天中殺の期間を抜けたばかりなんですね。

大運天中殺の期間というのは、津波のような激しさがあります。

思った以上に飛躍できてしまう時で、自分の想像をはるかに超えるところまで、行けてしまう時期なのです。

渡部さんは、もともと食べ歩きが趣味でしたが、それが仕事につながり、「芸能界のグルメ王」と言われるまでになりました。

10年以上続けてきた食べ歩きで、一気に自分の地位を獲得し、2017年には芸能界ナンバーワン美女と言われる、佐々木希さんと結婚。

順風満帆なこの流れは、大運天中殺のおかげと言えそうです。

ただ、芸人仲間からも言われているように、天狗になりすぎたのでしょう。

大運天中殺の期間に欲張り過ぎたり、手を広げ過ぎたり、自分や周りの人を過信しすぎると、その反動も強くなります。

この世は陰陽で成り立っていますから、いき過ぎたら限界を超えて、反転します。

 

実際に大運天中殺をきっかけにブレイクするといった有名人の方は、多くいます。

でも図に乗りすぎると、今回の渡部さんのような展開になってしまうんですね。

小室ファミリーなど小室ブームを起こした小室哲哉さんも、大運天中殺の期間にブレイクした一人です。

流行を作り上げた人ですが、大運天中殺があけてからすぐ、5億円詐欺事件が発覚したり大変なことになっていましたよね。

限度をわきまえないと、後々しっぺ返しがくるのが大運天中殺です。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・佐々木希さんは「癸巳」の人で霊感や直感力に優れ、キラリと光るセンスがある

・水の星が本質なので情にもろく、流されやすい面あり

・月支元命は「正官」なので、責任感が強く、冷静に淡々とやるべきことをこなす

・渡部建さんは「丁巳」の人で、見た目がソフトで人当たりが良い

・図太いようで、ストレスをためやすく神経質

・自分の本音を隠したり、自分を守るために平気で嘘をつくことも

・ふたりの相性は水と火なので佐々木さんが優位に立つ関係性

・渡部さんは佐々木さんの言いなりになり、プレッシャーを感じる

・相手に気に入られようと無理をしたり、機嫌を取ろうとしてしまう

・日支が巳同士なので、意気投合しやすい

・安定はしないけど、衝突を繰り返しながらも、離れてもくっつくという縁がある二人