【無料メルマガ】SNSで顔出ししなくても月10万稼げる四柱推命鑑定師になる方法 登録はこちら

2022年2月の運勢・五行タイプ別開運法

四柱推命

2月(2月4日〜3月4日)は、「壬寅」の月です。

2月4日の立春から、新しい一年がスタートします。

今月は、1月同様、年と月の干支が全く同じ「壬寅」で、干支併臨となります。

四柱推命の干支というのは、60個ありますが、60年に一度巡ってくる干支と、60ヶ月に一度巡ってくる干支が、ピッタリ揃うということです。

2ヶ月連続で干支併臨ですから、1月も色々と大変だったと思いますが今月も気が抜けません。

社会的にも個人的にも、大きく揺さぶりがかかることになるでしょう。

備え、心構えをしっかりしておくことが大事です。

壬は陽の水で、海を意味します。

しっかりとした芯がないと、水に流されてしまうことになります。

たくさんの情報が溢れ、どれを信じたら良いのかわからなくなりやすいです。

自分軸をしっかり持ちましょう。

壬も寅もじっとしていられない、流動的な性質があります。

急に状況が変わる、変化せざるを得ない。

思いもよらないところから、水が押し寄せるように、一瞬で変わってしまうものもありそうです。

寅卯天中殺の方は、2ヶ月間の天中殺が始まります。

1月・2月は、普段より疲れを感じたり、迷うことも増えるでしょう。

寅卯天中殺は、もともとパワフルで前向き。

辛い状況に置かれても、なんとかなるでしょ!とガッツで乗り切ってしまいます。

思い込みが激しく、用心深さに欠けるので、天中殺中は普段よりも慎重になった方が良いですね。

じっとしていられない!!というのが寅卯天中殺の方の特徴ですが、この2ヶ月は待つこと・辛抱することを覚えてください。

タフな人たちではありますが、無理に問題を増やす必要もないですからね。

甲辰・乙巳・丙午・丁未・戊申・己酉・庚戌・辛亥・壬子・癸丑を日干支に持つ人は、同時に2年間の天中殺もスタートします。

2年間何もせず、動くなというのは無理なので、何かやりたいときはあえて長続きしないものを選びましょう。

2年間で結果を出す!と決めるのも良いです。

天中殺が明けたら、それは終わり!というような気持ちで取り組むのがオススメです。

スポンサーリンク

2022年2月がターニングポイントとなる人

今月がターニングポイントなる人はこちら。

自分の60干支を調べたい場合はこちら↓


天地徳合・・・丁亥

5年に一度のラッキー月間。棚ぼた的な出来事や運命的な出会いが。

天戦地冲・・・丙申・戊申

5年に一度のクラッシュ月間。不快な体験から、本当の自分の望みを知る。

律音・・・壬寅

5年に一度のステージアップ月間。運命が変わる、人生の岐路。

納音・・・壬申

5年に一度のリセット月間。大きな流れがストップし、過去と決別する。

大半会・・・壬午

5年に一度の繁栄月間。運気の流れに勢いがあり、追い風が吹くとき。

洩天地比・・・庚寅

5年に一度の、物事が思い通りに進みやすいミラクルな月。自分の希望が通りやすい。

干合・・・丁

自分が自分じゃないような、不思議な感覚になる月。才能開花や、思いがけない展開も。

月運天中殺・・・甲辰、乙巳、丙午、丁未、戊申、己酉、庚戌、辛亥、壬子、癸丑

1年に一度訪れるイレギュラーな2ヶ月間の前半。破壊と再生の期間。

体調に注意・・・日支が申(冲)・巳(害)
スポンサーリンク

2022年2月の運勢五行タイプ別

甲木タイプ(甲子・甲戌・甲申・甲午・甲辰・甲寅の人)

偏印の月

寅月の甲は、月令を得てイキイキし始めます。

春は木にとって最も、旺盛になれる季節です。

ただ壬の月ですから、木が流されてしまったり、水にプカプカと浮くことにもなります。

今のままじゃつまらない!変わりたい!という気持ちは強くなるけれど、思ったように物事が進まないかもしれません。

スランプを感じやすい1ヶ月です。

また、同じことの繰り返しに飽き飽きして、刺激を求めたくなるでしょう。

未知の世界、スピリチュアル、不思議なものへの興味が強くなります。

マニアックな趣味ができるかもしれません。

乙木タイプ(乙丑・乙亥・乙酉・乙未・乙巳・乙卯の人)

印綬の月

寅月なので、根を持つことができますが、壬がくるので流されやすくなります。

浮き草のように、どっちつかずでフラフラしやすいです。

来月の方が調子が出てくるので、2月は体力温存に努めましょう。

学びの月ですから、興味を持った分野をとことん追求してみるのがオススメ。

以前から気になっていた本を読んだり、資格の勉強をスタートしてください。

母親と向き合うことになったり、母としての役目を求められる月でもあります。

丙火タイプ(丙寅・丙子・丙戌・丙申・丙午・丙辰の人)

偏官の月

立春から陽の気が盛んになってきます。

丙の人にとってはここから夏に向かって、過ごしやすくなっていきます。

雪を侮り、霜を欺くというように春の丙はパワフルになります。

ここに壬がくるので、補映湖海となって人生は大いに発展します。

身強の丙の人にとっては、本領を発揮できる活躍月でしょう。

身弱の丙の人にとっては、壬の剋を受けてハードな月となります。

我慢を重ねてきた人や、自分の本音を誤魔化してきた人は、いよいよここで無理がきかなくなります。

丁火タイプ(丁卯・丁丑・丁亥・丁酉・丁未・丁巳の人)

正官の月

壬のエネルギーと会うことで、イレギュラーな状態となる干合の月です。

思いがけないところからの発展や、予想外の出来事があるかもしれません。

夢を見ているような、不思議な1ヶ月です。

運命的な出会いがあったり、人生観が変わることもありそうです。

火の燃料となる寅の根がありますが、同時に水に消されることになります。

やる気はあるけれど、動けない…となりがちです。

戊土タイプ(戊辰・戊寅・戊子・戊戌・戊申・戊午の人)

偏財の月

春は、木のエネルギーが強くなっていくので土の勢いは弱まります。

冷静になったり、とりあえず様子を見ておこうという気持ちが強くなるでしょう。

動くのが億劫になりやすいです。

今月は、壬が巡ってくるので水と土のぶつかりあいが起こります。

人に対して攻撃的になったり、イライラしてしまうことも増えるかも。

中途半端な感じがして、モヤモヤしそうです。

人に流されやすい月なので、これだけは譲れない!という、芯は持っておいてください。

己土タイプ(己巳・己卯・己丑・己亥・己酉・己未の人)

正財の月

寅月の田畑はまだまだ寒く、冷たい土です。

物事の発展には時間がかかるでしょう。

壬がくるので、土は押し流されてしまいます。

田畑が、大量の水で一掃されるようなイメージです。

手放すものが多かったり、価値観がガラッと変わるような出来事があるかもしれません。

人の世話をしたり、面倒を見ることになる月でもあります。

やることが多すぎたり、抱えるものが多くて負担に感じることもあるでしょう。

「疲れたらサボる」を覚えてください。

庚金タイプ(庚午・庚辰・庚寅・庚子・庚戌・庚申の人)

食神の月

春は木のエネルギーが旺盛になるので、庚の人にとっては疲れやすくなります。

金を生み出す土の力も弱まっているので、なかなか調子が出ません。

壬が巡ってくるので、何かを生み出したい!という欲求や、好きなことに打ち込みたい!という思いが強まります。

でも、馬力が足りず思うようにことが運びません。

今月は無理せず、ゆるくいきましょう。

個人で楽しめるもの、家の中でも夢中になれるものを見つけると充実します。

辛金タイプ(辛未・辛巳・辛卯・辛丑・辛亥・辛酉の人)

傷官の月

段々と春の気が強まりますが、まだ金は冷たく冷えきっています。

壬が巡ってくるので、宝石は陶洗され美しさが増します。

神経が過敏になり、より鋭さが際立ちます。

誰かと足並みを揃えたり、愛想よくするのは難しい月です。

周りの目や意見が気になって、イライラしたり、不安になったり…

人間関係では疲れやすいでしょう。

ストレスも溜まりやすいので、適度に体を動かして巡りを良くしましょう。

壬水タイプ(壬申・壬午・壬辰・壬寅・壬子・壬戌の人)

比肩の月

水のエネルギーが強まり、雪解け水のように水が溢れ出します。

今月は壬タイプさんにとって、転換期となる月です。

身強の人にはちょっとしんどくなりますが、身弱の人はイキイキしたり、色々やりやすくなっていきます。

プチリセット、新しいスタート、強制終了など変化が多くなるでしょう。

この機会に、自分がどうなっていきたいのか?今後の方向性を決めてみてください。

また、2022年は壬の年ですから2月から1年間を通して、ターニングポイントとなります。

癸水タイプ(癸酉・癸未・癸巳・癸卯・癸丑・癸亥の人)

劫財の月

陽の壬の支えがあるので、我が強くなります。

あれもこれもと、欲張りになり、欲しいと思ったら、絶対に手に入れたい!と強欲さが出るでしょう。

誰かとコラボしたり、グループに属することで新しい道が開けます。

他者との共同作業が、始まっていく月となるでしょう。

奪われたり、損する、騙されやすい時なので、美味しい話には注意。

\お申し込みは2月5日まで/