【無料メルマガ】SNSで顔出ししなくても月10万稼げる占い師になる方法 登録はこちら

宿命天中殺ー生年中殺を持つ人の宿命ー

四柱推命
スポンサーリンク

生年中殺とは

人は皆、生まれる前に自分自身で人生のシナリオを設定してきます。

誰を親にするか、いつ生まれるか、どんな能力を持ちどんな体験をするか、人生の最期はどんな結末にするか?

全て自分で決めてやってきます。

 

特殊な宿命のひとつに、「宿命天中殺」があります。

宿命天中殺の中でも、生まれた年が天中殺になっている人は、「生年中殺」となります。

 

天中殺とは、12年おきに誰にでも巡ってくるもので、コントロールの難しい、ブレーキがききにくい乗り物に乗っているような期間のこと。

天中殺は、「戌亥天中殺」「申酉天中殺」「午未天中殺」「辰巳天中殺」「寅卯天中殺」「子丑天中殺」の6つがあります。

生まれつき、どの天中殺を持っているかが、人それぞれ決まっています。

自分がどの天中殺なのかは、生まれた日の干支でわかります。

 

スポンサーリンク

生年中殺を持っているとどうなる?

天中殺を宿命に持っている人は、人生に天中殺の要素が、組み込まれていることになります。

◆データがないところを自分で開拓していく人生
◆自分が後世に残すデータを作っていく人
◆ある分野で有名になる
◆大きな財を手にする
◆幅広い人脈を持つ(普通は繋がれない人と繋がるなど)
◆多くの人々に影響を与えることをする

こういった可能性を秘めているのが、天中殺持ちの人です。

天中殺持ちの人は、自分と向き合うことの多い人生となるでしょう。

周りが普通にできていることが、自分だけうまくいかない・・・

逆に周りができないことが、自分にはあっさりできてしまう。

そんな、ちょっと変わった一生になる傾向があります。

ドラマチックな体験をしたくてやってきた、チャレンジャーな魂を持っています!!

 

また、「生年中殺」の人は、親元を早くに離れないと、運が開きにくいという特徴があります。

親にも家族にも頼らず、自立して生きていく宿命を持っています。

成人してからも、実家暮らしだったり、親から経済的援助を受けていると、運気が落ちてしまいます。

結婚後、親と同居するなども避けた方が良いでしょう。

現実に、辛いことや苦しいことが起こりやすくなります。

辛いことが起きるのは、不運なわけではなく、「今の状態があなたに合っていないよ!」のサインです。

親の影響を受けないところで、再スタートすることで、幸せになれる人なのです。

親や家族に頼らないと言っても、絶縁した方が良いという意味ではありません。

「親に言われたから、こうする」「親が喜びそうだから、こっちを選ぶ」のような、親や家族の意見を参考にして、動かない方が良いということです。

自分の意思で決めて、親や家族に振り回されないこと、依存しすぎないことが大事なのです。

一人で決断するのは、勇気がいることです。

孤独を感じることも多いかもしれません。

でも、生年中殺の人は、一人で闘っていく強さを秘めています。

 

スポンサーリンク

生年中殺の調べ方

生年中殺」を持っているかどうかは、命式の月柱を見るとわかります。

こちらは、俳優の横浜流星さんの命式です。

横浜流星さんは、日干支が「丙辰」なので、「子丑天中殺」の人となります。

天中殺(空亡)からわかるあなたの性格・人生傾向・開運法
天中殺とは? 天中殺(空亡)は、運気の流れが滞る。よくない時、低迷期などと言われています。 でも、実は天中殺って悪い部分ばかりではないし、怖いものではないのです。 12年置きに、誰にでも2年間巡ってくるもので、コントロールの難...

横浜流星さんの命式の、年柱をみると「丙子」なので、「子の年」生まれということになります。

「子丑天中殺」の人が、「子」の年に生まれているため、「生年中殺」を持っている人だとわかります。

 

では、もう一人例を出してみます。

こちらは、声優や女優で活躍中の福原遥さんの命式です。

福原遥さんは、日干支が「丁未」なので、「寅卯天中殺」の人となります。

天中殺(空亡)からわかるあなたの性格・人生傾向・開運法
天中殺とは? 天中殺(空亡)は、運気の流れが滞る。よくない時、低迷期などと言われています。 でも、実は天中殺って悪い部分ばかりではないし、怖いものではないのです。 12年置きに、誰にでも2年間巡ってくるもので、コントロールの難...

福原遥さんの命式の、年柱をみると「戊寅」なので、「寅の年」生まれということになります。

「寅卯天中殺」の人が、「寅」の年に生まれているため、「生年中殺」を持っている人だとわかります。

 

 

スポンサーリンク

生年中殺の人の開運法

生年中殺の人は、流年運や大運、1年間に2ヶ月間天中殺が巡ってくる時が、開運期となります。

12年に一度の天中殺の期間は、不安定やイレギュラーな年とされますが、天中殺が宿命に組み込まれている人にとっては、むしろラッキーイヤー。

もともと、不安定な宿命を持っている人は、運気が荒れ気味の時の方が強いのです。

運気が不安定だからこそ、本領発揮できます。

だから、普段うまくいかないと思っていたことを、天中殺の年にやってみると大逆転できてしまうことが多いでしょう。

生年中殺の人は、天中殺の年や月を飛躍のチャンスと考えてくださいね。

 

また、天中殺持ちの人は、人と比べることが最もナンセンスです。

普通じゃないのが、生年中殺の人にとっての当たり前です。

周りに、無理に合わせようとしたり、苦手なことを無理やり克服する必要はありません。

それよりも、好きなこと、得意なことを磨いていくと、輝いていけます。

好きなことをやって輝けば、全体的に底上げされていくし、凹んでいるところは別の誰かが助けてくれます。

できないことがあっても、問題ありません。

あえて人がしないことをやる
人と違った道を、意識的に選択する

「普通」は他の人にまかせて、自分にしかできないことで活躍していきましょう!

 

家族やたくさんの友達がいたとしても、精神的な部分で、一人ぼっちだと感じることも多いかもしれません。

みんなと同じようにいかなくて、不安になることもあるでしょう。

でも、生年中殺の人は、たくさんの人に影響を与えていく役目を持っています。

データがないところを自分で開拓していく人生、自分が後世に残すデータを作っていく人です。