【無料メルマガ】SNSで顔出ししなくても月10万稼げる四柱推命鑑定師になる方法 登録はこちら

2023年1月の運勢・五行タイプ別開運法

四柱推命

1月6日0時5分から「癸丑」の月(1月6日〜2月3日)が、始まります。

節入りとなる瞬間の命式がこちらです。

2本の木が支え合うように立ち、そこに雨が降る。

木に雨が降り注ぐ形なので、何かが伸びようとしている状態を意味します。

ただ、近くに海もあり、水がとても強い命式です。

甲子という干支は、北の地に立つ木。

もしくは、水の中に立つ木ですから、根をしっかり地面に張れているわけではありません。

 

丑は土の五行ですが、水を多く含んだ泥土のため、水に近いです。

土台はぬかるみ、安定性がありません。

真冬の木で勢いはなく、さらに水に囲まれているということは、立ち上がりたいけれど、困難が多い状況を意味しています。

思ったように形にできず、なかなか進展しないので、もどかしさがある月です。

 

印星が強い命式のため、頭でっかちになりやすかったり、理想論ばかりで現実味がありません。

すごい人に思われたいとか、自分を大きくみせたい見栄が強くなりそうです。

 

情報に踊らされたり、考え込み過ぎてしまう様子もうかがえます。

プライドは高くなる割に、自分の目指すものとは、違う方向に流されてしまうこともあるでしょう。

 

食傷星や財星という、外に発散していく星がありません。

自分ひとりで抱え込んでしまって、ストレスを溜めてしまう人も多そうです。

人間関係でモヤモヤしたり、うまく思いが伝えられなくて誤解を生むこともありそうですね。

 

これが1月の縮図だとすると、一人で考え過ぎないこと・見栄を張って背伸びし過ぎないように!というメッセージに受け取れます。

身の丈にあったことを、コツコツやっていきましょう。

小さく見えても、地味に思えても、積み重ねていけば大きな花を咲かせます。

いきなり大きな目標をたてたり、夢を見過ぎると、理想と現実のギャップに落ち込むことになってしまいます。

自分で自分をせめやすい月なので、目標やゴールはあえて小さめに。

 

また、1月スタートの6日は「甲子」の日です。

六十干支が一周して、またスタートに戻ってきました。

今日は始まりの日。

心新たに、何かをスタートさせるのにもピッタリです。

 

そして、1月後半は冬の土用が始まります。

1月17日〜2月3日までの18日間は、土のエネルギーが旺盛になります。

体調を崩しやすくなったり、胃腸にダメージが出やすくなります。

体力的にも精神的にも疲れやすい期間なので、土用の期間は、とくに無理をしないようにしてください。

何かやりたいけれど、いまいちやる気が出ない…という時はジタバタせず、いったんよく寝て英気を養いましょう!

土用があけると、癸卯の年に切り替わり、いよいよ四柱推命でも2023年がスタートします!

今月は、新しい年を迎える準備をしたり、2022年をゆっくり振り返ってみてください。

 

スポンサーリンク

2023年1月がターニングポイントとなる人

今月がターニングポイントなる人はこちら。

自分の60干支を調べたい場合は↓


天地徳合・・・戊子

5年に一度のラッキー月間。棚ぼた的な出来事や運命的な出会いが。

天戦地冲・・・丁未・己未

5年に一度のクラッシュ月間。不快な体験から、本当の自分の望みを知る。

律音・・・癸丑

5年に一度のステージアップ月間。運命が変わる、人生の岐路。

納音・・・癸未

5年に一度のリセット月間。大きな流れがストップし、過去と決別する。

大半会・・・癸酉

5年に一度の繁栄月間。運気の流れに勢いがあり、追い風が吹くとき。

洩天地比・・・辛丑

5年に一度の、物事が思い通りに進みやすいミラクルな月。自分の希望が通りやすい。

干合・・・戊

自分が自分じゃないような、不思議な感覚になる月。才能開花や、思いがけない展開も。

月運天中殺・・・甲寅、乙卯、丙辰、丁巳、戊午、己未、庚申、辛酉、壬戌、癸亥

1年に一度訪れるイレギュラーな2ヶ月間の後半。破壊と再生の期間。

体調に注意・・・日支が未(冲)・午(害)
 
スポンサーリンク

2023年1月の運勢五行タイプ別

甲木タイプ(甲子・甲戌・甲申・甲午・甲辰・甲寅の人)

木に雨が降り注ぐように、サポートを受けやすい月です。

人生の先輩から、ヒントをもらえるでしょう。

色々な人の話に、耳を傾けてみてください。

頭でっかちになったり、理想が大きくなりがちなので、今の自分のレベルを認めることも必要です。

弱みを知れば、どこを強化すれば良いのか、何をしたら良いのかが見えてきます。

 

乙木タイプ(乙丑・乙亥・乙酉・乙未・乙巳・乙卯の人)

冷たい雨が降りかかり、なかなかハードな月になります。

とくに月の後半は、土用によって土の威力が強まります。

閉塞感を感じやすいでしょう。

気持ちが焦りやすかったり、心ここにあらず…という感じになりがちです。

うまくやろうとせず、心の赴くままに、色々な世界を探索してみてください。

 

丙火タイプ(丙寅・丙子・丙戌・丙申・丙午・丙辰の人)

冬で太陽の勢いが衰えているところに、冷たい雨が降ります。

太陽であたためようとしても、なかなか大地はあたたまりません。

振り出しに戻されるような、もどかしさがある1ヶ月です。

確実な道をいこうと、慎重になる人も多いでしょう。

あきらめず続けられた人が、自分のポジションを確立します。

 

丁火タイプ(丁卯・丁丑・丁亥・丁酉・丁未・丁巳の人)

冷たい雨に、灯火が消されるような月です。

踏んだり蹴ったり、うまくいかないと感じることも多いでしょう。

体の冷えからくる不調にも注意です。

人生、うまくいかないときや、一時停止が必要な時があります。

1月は焦らず、余裕を持っていきましょう。

 

戊土タイプ(戊辰・戊寅・戊子・戊戌・戊申・戊午の人)

癸が巡ってくることで、干合の月となります。

予想外の展開になったり、不思議な縁が繋がりやすいとき。

意識はフワフワしやすいですが、これをやる!と決めて、淡々とこなすと良いでしょう。

山に雨が降ることで、春に向かっての準備が進んでいきます。

それと同じように、今月の出会いは、この先の人生に影響を与えることになりそうです。

 

己土タイプ(己巳・己卯・己丑・己亥・己酉・己未の人)

田畑に雨が降り、土が潤います。

ただ冬の雨は、田畑を凍らせてしまうことにもなります。

人は集まってきやすいですが、人間関係は面倒なことも増えそう。

賑やかになる分、お金の出入りも激しくなったり、トラブルが増えるので注意が必要です。

月の後半は土用に入るので、胃腸・皮膚・耳や鼻など粘膜系の悩みが出やすくなります。

 

庚金タイプ(庚午・庚辰・庚寅・庚子・庚戌・庚申の人)

金属に雨が降れば、錆びてしまいます。

今月は心も体も冷えて、ピリピリしやすいでしょう。

孤独を感じたり、反抗したい気持ちも強まります。

毒を吐きやすくなるかもしれません。

その分、美的センスが高まったり、才能がキラリと光る月でもあります。

 

辛金タイプ(辛未・辛巳・辛卯・辛丑・辛亥・辛酉の人)

雨が降って石が押し流されるように、動き出したくなる月です。

自分の中にある思いを、外に出したい欲求が高まるでしょう。

外に出かけたい、誰かと話したい、自分のつくったものを見てほしい!!など。

今月は、あまり堅苦しく考えずに、自分の好きを優先すると良いです。

衣食住に関することを一部でも、贅沢にしてみると運気がアップします。

 

壬水タイプ(壬申・壬午・壬辰・壬寅・壬子・壬戌の人)

海に雨の水が注ぎ、水量が増えるように、仲間を増やしていく月です。

一人で頑張ってきた人も、誰かと協力したり、コラボすることでチャンスが広がります。

人からヒントをもらえる時です。

同じ志の仲間と集うことで、もっと頑張ろうというやる気もアップします。

月の後半は土用に入るので、スムーズに進めたいことは前半のうちに手をつけておきましょう!

 

癸水タイプ(癸酉・癸未・癸巳・癸卯・癸丑・癸亥の人)

今月は癸タイプさんにとって、転換期となります。

来月から始まる癸卯の年の、序章にもなりそうです。

終止符を打つ、手放し、再出発など、変化の月となります。

これまでとは全く違う展開に、戸惑う人もいるかもしれません。

自分を信じる気持ちを大切に。

 

人気記事
60干支の調べ方と十干それぞれの特徴
四柱推命のモテる命式
異常干支とは?丁亥が異常レベル最強?
四柱推命 美人の命式
60年に1度の破壊と再生期間、天戦地冲とは?
この記事を書いた人
四柱推命鑑定士 光璃

年間500件以上の命式と向き合っている、四柱推命鑑定士。
生年月日に隠された、人生のプログラムをお伝えしています。

人生に活かせる四柱推命を学べる講座を開講しています。

四柱推命鑑定士養成オンラインスクール

四柱推命無料メール講座

四柱推命塾 mikaduki

四柱推命鑑定士 光璃をフォローする